思い出に残る袴

人と被らない袴とは?


menu contents
新着情報

◎2017/8/21

小学校の卒業式
の情報を更新しました。

◎2017/5/23

袴について
の情報を更新しました。

◎2017/3/23

人と被らない袴とは?
の情報を更新しました。

「袴 形」
に関連するツイート
Twitter

物理オンオフでが変わることで、印象が変わりすぎないように設計するのをちゃんと考えなきゃダメなんだよなぁとか…とボルツさんモデルの髪を拝見して思いました

Twitter sabaso_m さばそ@MMD - 0:55

リツイート 返信

の練習ももたつくけど完成は出来るようになったから大丈夫でしょう。もう荷物は詰めてしまおう、私が一番大荷物だししっかりせねば…

Twitter ikioirann 乱(らん)@23日撮影三日月 - 昨日 23:28

リツイート 返信

@kkk87 お声掛けありがとうございます! 当方神崎さんのチェキ所持しているのですが、こちらとの交換というは可能でしょうか? pic.twitter.com/OVxQLu3F0B

Twitter trhkchun2 取引用👼 - 昨日 22:19

リツイート 返信

@TAIMESI_0121 ピッチリしたパンツの上にを履いてるので強風に煽られてもは多分バレないかと(自重)

Twitter hase_0019 ハセヲ🍵丸 - 昨日 21:25

リツイート 返信

【すごろく】 出茂「ふ…飛び入り参加のお前らは用意できまい 見よ!私と滝ちゃん、一心同体のコマを!(羽織姿の出茂と白無垢姿の滝の人)滝「なぜ結婚式仕様!?」 雷蔵「三郎と散歩人がこんなで役に立つとはね」(狐と一緒の雷蔵人)滝「もはや鉢屋先輩が人型保ってない!」

Twitter dmtkkpp_bot 出茂滝ネタbot - 昨日 16:02

リツイート 返信

今日と明日、妙高・関温泉での湯の香寄席第二回。 橘の圓満師匠も到着です。 ここ関温泉の紅葉は、まだ少し早いよう。 温泉から見える、神奈山、丸い岳や不動の滝もなかなかの情緒。 皆様のお出掛けを待っています。 関温泉ほ良い湯です❗❗❗ 明日は台風の行方が少し心配❕

(ふじばかま) ⏺️開花時期は、10/ 1 ~ 11/25頃。 ⏺️小さいピンク色の花が  たくさん咲く‼️ ⏺️花の色が藤(ふじ)色で、  花弁の(はかま)のようで  あることから、この名前に😄 ⏺️全体に桜餅のような香りがします‼️ ⏺️平安時代の女性は、  これを干した茎や  葉っぱを水に...

@Ss9195 青江極…😭😭😭まだうちの青江を極に出来てなくてしっかり直視出来てないのよね…手を入れたい… そうね〜作れる技術ないからの色とか袖のとかどうにか合うように買えたい…作れるかな…

落語一之輔四夜@よみうり大手町ホール 聴き慣れたあのの五目講釈だけど改めてやっぱり正太郎さんは凄い👏久しぶりの普段のと薮入り😊枕、三味線、唄、踊り、一之輔ときいちイジリと全てがキレッキレで最高な小円歌師匠🙌敢えてそうするのが一… twitter.com/i/web/status/9…

Twitter crazy5353 Yuko Gomisawa - 昨日 0:20

リツイート 返信

@chun_CHAGA 浴衣の柄でありそうな感じですね!こういうの服、なんかっぽくて好きです😆👍🏻✨

Twitter chagamaran_hm 白米@ちゃがまらん - 10/20(金) 22:29

リツイート 返信

袴について

袴について簡単に言いますと、和装のときに下半身に着る装いのことを言います。
洋装の時に履くズボンやパンツと同じようなものなのですが、違うところがあるのです。
多くに人が勘違いしているようなのですが、袴は着物の下に履くものではなく 着物の上から腰を覆うようにして履くものです。
なので、袴を履くと胸のあたりまで覆うことになり下半身に来ている振袖をほとんど 覆うことになります。
本来持っている機能性に注目すると、振袖を着ている時よりも活動的になることや 振袖の下の部分の保護や保温などの目的もあります。
袴というと、女性が成人式や卒業式に着るイメージが強いようですが昔から男性の礼服としても 活用されてきました。
それが、明治や昭和の時代に女性の学生服として採用されたことがきっかけで現代の風習として 残っているのです。
また、現代では種類や色も豊富にありますので十人十色で自分流のオシャレを楽しむことが できるようにもなってきています。

一般的な袴の形状

一般的な袴の形状 袴の形状には2種類あります。
女性のスカートのような「行灯袴」と、途中で又が分かれている「馬乗り袴」です。
文字通り馬に乗るときには馬乗り形を身につけます。
そうしませんと、馬に跨がることができません。
元々は馬乗りが正装で、行灯形は略装という位置づけでした。
しかし、現在ではどちらがどうという決まりはあまり機にされていませんので、好みで選べば良いでしょう。
動きやすさを考えれば馬乗り形がベストですし、座禅など座ることが目的なら仕切りのない行灯形が楽でしょう。
この2種類の他に、馬乗り形から発展した、野袴(たっつけ形とも言います)があります。
これは、馬乗り形の裾を括ったもので 、さらに動きやすさを追求しています。
最近は女性が卒業式に着用しますが、これは行灯形です。
これは明治時代に考案された物で、華族女学校の服装となりました。
しかし、洋服の普及により着用の機会が減り、今では卒業式用とさえ思われています。
男性と女性のの着用の違いは、男性は押しの位置ではきますが、女性は棟の下あたりで着用する胸高にしています。