思い出に残る袴

お正月に袴を着ることについて


menu contents
新着情報

◎2017/8/21

小学校の卒業式
の情報を更新しました。

◎2017/5/23

袴について
の情報を更新しました。

◎2017/3/23

人と被らない袴とは?
の情報を更新しました。

「袴 正月」
に関連するツイート
Twitter

正月用に…と、ネタで買ったがお食い初めに使えると知って(@_@) 面倒だしスルーしようかと思ってたけど、せっかくだしやろうかな(о´∀`о) 料理は好きだし、やるならちゃんとやりたい凝り性だから…息子君の為に頑張って作るぞ!(鯛は刺身になる可能性大ww)

Twitter yuma_5927 誘真@育児奮闘中 - 0:28

リツイート 返信

@manan_1234 はやはり一度は着てみたい、正月助金活動でしか着てないからなぁ笑

Twitter yanachi2525 やなち@とうらぶ厨 - 昨日 21:35

リツイート 返信

だー…すごい似合ってる」「お前の振り袖の方が似合っているだろう」「でも和服って慣れなくて着られちゃってる感が…」真田とお正月「手を貸せ」「…え?」「慣れないのだろう?握っていればいい」「…手繋ぐの、いつも抵抗するのに」「お前が怪我をするくらいなら、恥などいくらでも捨てる」

Twitter tns_delusion テニス創作妄想ネタbot(対策中) - 昨日 21:01

リツイート 返信

前回のお正月のヨロズマパッケージで紋付で正座でお膝にお手手そろえてたのめっっちゃかわいかったから今度のお正月も何かしてほしい…今度は明治っぽい華やかでハイカラピとかどう(*^▽^*) pic.twitter.com/gKc8sk6tQ0

Twitter AqQfo のんべえ☘️ - 昨日 14:19

4RT リツイート 返信

牛若丸に英霊礼装のときみたいな綺麗な振袖かか浴衣着せて写真撮りたい 嫌がりそうだからお正月とお盆だけね

でサッカーしようぜ(正月イベ)

Twitter kazamuro 風室きっぴ~☆@ふくつのこころ - 10/20(金) 18:36

リツイート 返信

スタジ◯アリスのCMが頻繁に流れるからか、息子がまた着物着て写真撮りたいな(七五三の時自分で選んだのがめちゃくちゃ嬉しかったらしい)、ていうんですけど、8歳だし、きっかけがないな?お正月

@anemonedayo き、きっと正月コスプレアンケートの開催があって、そこに入れるつもりなんですよ💦💦 ほ、ほら、パーシィさんは羽織が似合いそうじゃないですか!(・ω・;)

来年の正月には、カミューズ流4人の羽織バージョンが全員エースで実装されないかなー。何気にかなり需要あると思うんだよなー

Twitter kazuha_m カズハ(彩かずは) - 10/20(金) 14:00

リツイート 返信

@paradisamour001 ねー、ねー💓 もうお正月なんだから、ここは一つ萌え発言、ラブラブ発言の大盤振る舞いをして欲しいっすね😤 「お正月からちゃぴと鏡開きできて嬉しい」とか姿のちゃぴちゃんに「可愛い」とか言ってくれないかなー。 paradisちゃん、楽しみね😍

お正月に袴を着ることについて

袴は着物の上から腰を覆おうように履く装いです。
近世には男性用の礼服だったのですが、明治・昭和時代に女性の学生服として採用したことから成人式や卒業式に女性が着る定番の衣装として現在に広まっているのです。
もともとは男性の正装なので、お正月に男性が袴を着ることは決しておかしなことではないのです。
逆に女性の正装は振り袖です。
ただ、お正月の正装として着る以上、紋付で、柄は縞のものにしましょう。
縞の柄が細くて多色織りで凝っているほうが高級感が出てきます。
角帯の上、へその下で絞めるようにしましょう。
丈の長い袴を胸の下で絞めている姿はかっこ悪いです。
もともとが侍が武道の際に腰に刀を差すために使用したボトムなのであまり上の方にあると本来の意味から違ってくるのです。
正装感を出すには自分の身丈にあったものをきちんと着るようにしましょう。
男性のための正装なので、きちんとした場に行くのであれば女性はお正月には振り袖の方がおすすめです。

袴の正装としての扱いについて

桜をあしらった袴 袴を正装と捉えるか否かについては、状況や着用者によって異なる面があります。
もともと袴の着用が広まったのは江戸時代の武家社会においての事であり、そこから武士の略礼装として扱われていたという経緯があります。
その後時代が下るに従って庶民の最正装として扱われるようになり、現代に至るまで連綿と続いています。
しかしこうした経緯から、上位の勲章を受ける際には相応しくないケースがあります。
また伝統的な芸能・芸術の世界では正装として認められなかったり、様式が定められているケースがあります。
代表的なケースは茶道の茶会における着用であり、無地の袴のみが対象となっています。
また基本的に正装と見なされるのは、男性の着用においてのみという特徴があります。
女性においては古くは学生の制服等にも採用されたケースはあるものの広がりは見せなかった事もあり、現代では袴の着用は略式の装飾の扱いとして一般に認識されるようになっています。